教授落合邦康

細菌学講座ウェブサイトへようこそ

No. 1 内因感染2012,2,1

みなさんは、自分の口や口の中の細菌についてどのくらい知っていますか?デンタルプラーク (歯垢) 内の細菌密度は糞便より遙かに高く、名前の解らない菌を含めると約700種類以上、そして、億単位の菌が生息しています。しかも、その菌の大部分は、近親者から伝搬した細菌ばかりです。口腔内に住み着いている細菌は、外部から、そして、食物に紛れ込んだ病原性細菌の定着を防いでくれています。でも、もし将来、それらの細菌があなたの命を奪うとしたら、あなたはどう思いますか?デンタルプラーク内の菌が心臓や血管に病気を起こすことは以前から知られていました。近年、歯周病が肺炎、動脈硬化、糖尿病やウイルス感染症などさまざまな全身疾患の誘因になることが解ってきました。しかし、どのようにこれらの全身疾患が発症するかについては、まだあまり詳しく解っていません。

コレラや赤痢など一般的な感染症 (外因感染) は、感染経路を遮断するか、適切に治療をすれば怖くはありません。しかし、虫歯も歯周病も、体に常在する細菌によって起こります (内因感染)。子供の頃から長い間一緒に生活してきた常在菌は、排除することは出来ません。今、高齢者の死亡原因の大部分は、この内因感染で大きな問題となっています。われわれの講座では、共存している常在細菌が、なぜ、どのように反乱が起こすのかを、いろいろな角度からくわしく研究しています。

口腔感染症とは

News&Topics

一覧
2015年 9月11日
落合教授 講演情報
2015年 2月 2日
落合教授 講演情報
2014年12月24日
インフルエンザと口腔細菌に関する総説を執筆
2014年12月 2日
田村先生が講演を行いました
2014年11月11日
論文が受理されました

学生ログイン(パスワードが必要です)

JavascriptはONにしてください。
閲覧ブラウザはInternet Explorerの最新版を推奨しています。
JavascriptのONの方法はこちらのページを参照してください。

  • 口腔感染症研究の意味論
  • 微生物と宿主との相互作用機構の解明と疾患発症への関与
  • 口腔ケア剤による口腔ならびに全身疾患の発症予防
  • 歯周疾患と全身状態との関係解明
  • ワクチン開発のための基礎的研究