日本大学歯学部付属歯科病院小児歯科

「むし歯の治療」 「歯ならびの治療」 「歯のけが」
「むし歯予防」 「むし歯の集中治療」 「ムーシールドについて」

小児歯科を受診される皆様へ

  小児歯科では、おもに乳歯が生えてくる頃から永久歯の歯並びが完成するまでのお子様を対象として、むし歯の治療と予防、歯並びや噛み合わせの治療、歯のけがの治療、食事指導などをおこなっています。
  小児の口腔は、生きていくことに必須の機能である乳児期の吸啜(きゅうせつ)運動、そして幼児期、学童期を通じて発達し、完成される咀嚼(そしゃく)運動について中心的役割を担っています。また、発声のための器官として言語能力の発達にも極めて重要であり、歯や歯並びの異常が性格形成にまで影響を及ぼすこともあります。
  お子様の大切な歯や歯並びの治療を担当する立場にあるものとして、私たちは子どもたちの心理を理解し、心の負担をなるべく少なくして治療を実施できるよう日々研鑽を積んでいます。また、小児期の口の病気の治療や予防、機能育成を通じて、子どもたち一人一人が健全な永久歯列咬合を獲得できるよう努めています。

診療案内

保護者の方へ

アクセス

スタッフ

医療機関の方へ

(C) 日本大学歯学部付属歯科病院小児歯科 2007-2009